【ヘルライド】非公式サイト映画情報


タランティーノとラリー・ビショップ
□◆□◆□◆□◆□◆□
【ヘルライド】を楽しむためのポイント
タランティーノとラリー・ビショップ
□◆□◆□◆□◆□◆□



1960年代後半から70年代初頭にかけ、「バイカー・フィルム」と呼ばれるバイカー映画が人気を集めていた。その代表となるものが『イージーライダー』だが、とてつもない数のバイカー・フィルムが存在している。タランティーノは、当時劇場でそれらの作品を浴びるほど見続けたと言われている。また彼は、それらの作品に多く出演しているラリー・ビショップの大ファンだったそうだ。
タランティーノは、そんな自身の憧れの人物「ラリー・ビショップ」にオファーし、監督、脚本、主演を一任して『ヘルライド』は完成した。今作でもワイルドでカッコいいラリービショップに注目。



スポンサードサーチ

□◆□◆□◆□◆□◆□
サブメニュー
【ヘルライド】を楽しむためのポイント
□◆□◆□◆□◆□◆□

タランティーノとラリー・ビショップ
濃すぎるキャスト陣に注目
それぞれが乗っているバイクに注目
1960年代にタイムスリップ
お色気たっぷり映像
デニス・ホッパーの出演
撮影日数20日間
全米では2週間で打ち切り


□◆□◆□◆□◆□◆□
メインメニュー
□◆□◆□◆□◆□◆□

トップページへ
【ヘルライド】解説
タランティーノとラリー・ビショップ
イージー・ライダー(1969)
リンク集1


友達に教える

©【ヘルライド】非公式サイト映画情報